あがた森魚&寺脇研at海炭市は次の火曜足跡その29~理想どおりの兄妹

2011年07月30日

足跡その28~小学生の兄と妹を探せ!


ゴライアスクレーンがなくなる前にっ!
そのために大急ぎで撮影です。
最も必要なのは。

出演者でした。


「まだ若い廃墟」に登場する兄と妹。
2人の小学生時代をフィルムに収めます。

その2人を探すのが最大で最優先の課題でした。
撮影日までわずか10日ほど・・・。
条件は「12才くらいに見える男の子、6才くらいに見える女の子」です。
とりあえずオーディションなどの余裕もなく、まずは実行委メンバーの知人・友人からぴったりの兄妹がいないか調査したのです。


5/23の撮影に向けて、5/12にメーリングリストで送信されたのは、こんな文章でした。



「さてさて。
撮影がいよいよはじまりますね。
1日でも早いほうが良いと思い、お尋ねします。

撮影は23(土)からの4日間で、最初の土日に子役の撮影の予定です。
子役は東京から連れてくるわけにも行かず、函館で探しております。
12才くらいに見える男子と、6才くらいに見える女子。
23~24の日中に撮影できる方で、できればほんとの兄妹(セリフなしですが、仲良く遊ぶシーンなどありそう。初対面でカメラの前で自然にふるまえて、ある程度似た顔立ちなら他人でもOKです)。

心当たりの子供がいたら、ぜひ教えてくださいませ。
なんたって10日後の撮影なので、フル回転で探しております。

なにとぞなにとぞ。
よろしくお願いします。」



そして、大捜索が始まりました。






「厭よ、払い戻してきてちょうだい、わたしも歩いておりるわ。
 兄は首を振った。
 あいかわらず目に温かい笑みを浮かべ、大丈夫だ、としっかりした声で答えた。」

 (まだ若い廃墟 from 「海炭市叙景」 / 佐藤泰志)




(続く)





そして、昨日のクイズの答えです。

「家庭科(勝て、イカ!)」でした。


さあすぐに次っ!


「農業で使う機械の中で、一番ハッピーなのはどれ?」

答えは次回のブログにてっ!


R1021428




kaitanshi at 23:01│TrackBack(0)mixiチェック 足跡 

トラックバックURL

あがた森魚&寺脇研at海炭市は次の火曜足跡その29~理想どおりの兄妹