函館でのアンコール上映決定!足跡その27~ゴライアスを映像に残す

2011年07月28日

足跡その26~2009春のバル街


あっという間に迎えたイベント当日。
担当を分担して行動しました。

・午前中の物品搬入
・会場飾り付け
・パネル搬入
・楽器搬入
・音響搬入
・それらの終了後の片付け

「午前だけなら」「夕方5時まで」「6時の仕事終了後に合流」
色々な事情のメンバーを、パズルのように配置しながら機能させております。



イベント中の役割も色々。

・全体進行
・会場窓口
・ステージイベント窓口
・趣意書配付
・募金受付
・図書販売
・お客様誘導、会場整理
・マスコミ取材対応
・記録撮影
・ステージ司会
・演奏
・落語


最初は、盛り上がってるように見せるために、実行委メンバーもお客様として客席に座った方がいいか?
なんて言ってたのですが、ふたを開けてみるとそんな心配は杞憂だったとわかりました。

協力していただいた皆様のお力にも感謝!

朗読は、実行委メンバーの生演奏をBGMに、地元のテレビ&ラジオ放送局の方に読み上げてもらいました。
音楽ステージでも、市内のジャズファン・クラシックファンには超有名な方々に、代わるがわる演奏してもらえました。
映画「海炭市叙景」に曲を提供していただいたノー・ルーム・プロジェクトにも出演していただき、お祭り男ぶりを遺憾なく発揮していただいたのです。

みんなすごかった!


その後は何組かにわかれつつ、飲み歩きイベント「バル街」を楽しみながら、チラシ配布宣伝隊となって夜の街に繰り出しました。


・・・まさに備忘録という感じですみません。
何かの参考になる方がいらっしゃれば幸い。
です。






「切手のカタログと、これまで少しづつ集めてきた数少ないコレクションを眺めて、デパートが開く十時までの二時間近くを過ごした。
 カタログを見るだけで、幸福な気分になった。
 様々な思いがふくらむ。」

( 一滴のあこがれ from 「海炭市叙景」 / 佐藤泰志 )






(続く)





そして、昨日のクイズの答えです。

「アイスクリーム」でした。
だって、乳製品(New製品)ですものね。


さあすぐに次っ!


「階段が大好きな人の職業は?」

答えは次回のブログにてっ!


DSC_9620




kaitanshi at 02:08│TrackBack(0)mixiチェック 足跡 

トラックバックURL

函館でのアンコール上映決定!足跡その27~ゴライアスを映像に残す