土曜日はネット中継であがた森魚さんライヴピストルさん海炭市ライヴ、伊藤裕子さんツイッター開始!

2011年06月18日

谷村美月さんハッピーバースデイ!

本日6/18は谷村美月さんのお誕生日です!

おめでとうございます!


21歳です。
「海炭市叙景」撮影時の昨年3月、あの井川帆波は19歳だったのです。
原作小説では21歳の設定なので、やっと実年齢が役に追いついた・・・まだ若い時分に、すでにその年齢を体現していたという事ですね。


その前に撮影された作品の役作りもあり、ベリーショート(と言うのでしょうか?)で竹原ピストルさんの妹を演じていただきました。
セリフが少ない場合「目力がある」とか「存在感が」とか「オーラが」とか色々と形容詞がありますが。

あの時の谷村さんは、ただそこにいる存在感がすごかった!


まるで「私はここにいて良いのだろうか」というような切なさや、とまどい。
常に何かをためらっているかのような、不安げなたたずまい。
船の出航や、初日の出を見た時の遠慮がちな笑顔。


セリフがないシーンなのに。
ひとつひとつが、見ているこちらに雄弁に語りかけてくるのです。


かと思えば、今後の出演作は。
アクション満載の怪盗とか。
ギャル社長とか。


これからも目が離せません!

末長く、よろしくお願いいたします。


お誕生日おめでとうございます!



「タクシーが繁華街のほうに姿を消してからも、わたしの笑いはおさまらなかった。
 二十一回のわたしの正月のうちで、一番いい正月だと思った。
 今でも、そう思っている。」

 (まだ若い廃墟 from 「海炭市叙景」 / 佐藤泰志)







そして、昨日のクイズの答えです。


「こてん(古典)」でした。



さて、またまた図書館シリーズです!


「図書館にない本を注文しても、ぜんぜん入荷しない都市はどこ?」


答えは明日のブログにてっ!



撮影から8ヵ月後の、完成披露試写会で海炭市に帰ってきてくれた時の写真です。
P1010129




kaitanshi at 20:39│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

土曜日はネット中継であがた森魚さんライヴピストルさん海炭市ライヴ、伊藤裕子さんツイッター開始!