初期の作品を集めた「もうひとつの朝」佐藤泰志と中上健次

2011年05月21日

川本三郎さんの「マイ・バック・ページ」


海外の方の話では。
東京電力の原子力発電所が世界でも類を見ない深刻な事故を起こしたと認識されているそうです。
なので成田空港には降りたくないと。

成田空港と原発がどのくらいの距離か、ではなく。
東京電力の原発だから、東京で放射線が深刻な事態になっているという認識です。

フクシマは東京23区のどこか、という認識だと思っている方が多いとか。


海炭市では6/5(日)に、海外からのアーチストを招くコンサートが行なわれます。
ニュージーランドのクライストチャーチから。
そうです、2月に大地震があった、あのクライストチャーチから。

ニュージーランド・マオリの民俗芸術団体「イヌマエラ」のみなさんが、ラグビーのオールブラックスが試合前に踊るあのダンス「ハカ」を披露します。
彼らが先祖代々ずっと受け継いでいる民俗芸能です。

詳細はこちら。
http://www.hinokiya.com/news/?p=711&cat=3


実はメンバーの女性のひとりは、4月に赤ちゃんが生まれ、その子も連れてくるそうです。
放射線の危険を知り、悩みに悩んで、それでも函館に来ることを選んでいただきました。

全力でお迎えし、おもてなしし、ステージでの彼女達を見つめたいと思っております。

わたくし、当日の司会進行をいたします。
当日来れるというみなさま、お待ちしております。



そして!
撮影のときに「ひょっとしたら同じ時期に公開かも」と言われていた、日本文学から生まれた映画作品が、ついに来週末に公開となります。

「海炭市叙景」を語るイベントにやって来てくれた川本三郎さんの「マイ・バック・ページ」です。

撮影の近藤さん、照明の藤井さん、美術の山本さんなど、チーム海炭市が多数!
「海炭市叙景」撮影後すぐに現場に入って作り上げた作品です。


「マイ・バック・ページ」公式HP
http://mbp-movie.com/


あがた森魚さんも出演!

・・・なんと北海道では札幌と旭川でしか公開予定がないのですが。
きっとなんとかなるはず!



そしてそして。
昨日のクイズの答えです。


「6」でした。

電卓などのデジタル表示で使う、棒の数でした。


最近はパソコンやら携帯やら。
あの数字は見なくなりつつあるかも。


さあさあ、次っ!


「O、T、T、F、F、S、S
さて次に来るのは?」

またまた法則を見つける問題です。

答えは明日のブログにて。




kaitanshi at 21:10│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

初期の作品を集めた「もうひとつの朝」佐藤泰志と中上健次