大黒座という映画館沖縄で上映スタート!

2011年03月25日

春はもうすぐです

本日は突然の猛吹雪になったり、その後すぐに青空になったり。
めまぐるしい天気でしたが、吹いてくる風のあたたかさは少しづつ近づく春を感じさせます。


もうすぐです。


子供の頃の函館の春といえば。
雪がとけて水たまりがあちこちにあり、白いズボンで歩いたりしたらスッパネでワヤでした。
車のスパイクタイヤで路面が削られ、煙たくて咳き込む場面があちこちに。
春に限りませんが、何かの拍子で停電になる事もけっこうあった気がします。


それを克服して今の快適さがあるのですね。
凍結路面のスタッドレスタイヤは怖いのですが。




世の中、不安なニュースが次から次へと聞こえてきます。
それに対する準備もしながら。
受け止めて受け入れる心の強さも鍛えながら。
するべき行動をとり、想うべき事を想う日々です。

やはり、便利でなくても、身の丈に合った暮らしが良いなと考えたりしております。




星が少なくなったのは、地上が明るすぎるからかも?
もしそうなら、そのままで良いのか、ちがう道を歩むのか、決断しなければいけません。

そういう時が来たと感じております。


春はもうすぐ。
そういう希望を常に持ちながら、これから選択するべき道を考えていきます。






「アパートに帰る時にはぐったりし、充実した疲労が、その日一日の彼自身そのものを物語ってくれるのだ。
そして、ビールと夕食。
明子と一緒にテレビドラマを見て、十時には眠る。
試合のある日はいつもそうだ。

『明日は本当にデパートだ』

忠夫は玄関に出て、見送りにきた明子にいった。」

(大事なこと / 「海炭市叙景」佐藤泰志)

 




さてさて。
昨日のクイズの答えです。
避難している子供たちに届いていますでしょうか。
ネットが大丈夫で、このブログを見る事が出来てて、少しでも娯楽になっているなら幸い。

昨日の答えは。
「”あなたの村へ行くのはどちらの道ですか”
正直村の人は正直に”正直村への道”を教えてくれます。
嘘つき村の人は、自分の村ではない方(正直村の方)の道を教えてくれます。
つまり、どちらにしろ正直村への道を教えてもらえます」



調子にのって本日も出題!

「動物は触れあい、シマウマなんかは2回も触れあい、虫も触れあい、でも魚は触れあわないものってなーんだ?」


答えは明日のブログにて。


20100219撮影4日目54















kaitanshi at 20:57│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

大黒座という映画館沖縄で上映スタート!