まずは住むところを竹原ピストルさんのやり方

2011年03月22日

撮影とは待つことでした


撮影の時は、待ち時間がとてもたくさんありました。

セッティングが終わるまでの間。
演出を検討している間。
望みどおりの天気になるまでの間。

俳優陣は撮影が再開した時に、そのたびに求められる演技のテンションを出さなければならない、とても精神力の必要な職業だと実感しました。


そういえば「銀河鉄道999」でも、長すぎる時間をどう過ごすかという試練が与えられるストーリーがありました。



現在、避難している状況でそういう試練に遭遇している方もたくさんいらっしゃるかと思います。

我々は撮影のとき、特に子供達がいる時はクイズなどでテンションがさがらないように待ち時間を過ごしました。


たとえば。

「果物チームと野菜チームが野球の試合をしました。
9回裏、2アウト、ランナーなし、バッターは4番いちご。
1対0で野菜チームがリードしているので、いちごが打ち取られると試合終了になってしまいます。

さあ、ピッチャーのレタスふりかぶって第一球を投げた『カキーン!』打った大きい大きい入るか?入ったホームラン!

さあ同点!、と思ったら試合が終わってしまいました。

なぜでしょう。」


答えは明日のブログにて!


20100320撮影最終日26


















kaitanshi at 21:08│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

まずは住むところを竹原ピストルさんのやり方