2011年02月20日

あの喫茶店でのイベント終了!

さきほど、あがた森魚さんがマスター役だった喫茶店を会場に開催したイベントが無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました、

最初の朗読は、ジム・オルーク作曲の「海炭市叙景」の音楽を生演奏BGMにしてお送りしました。
市民キャストの中村和雄さんは、自身が演じた裸足の男のストーリーを自ら朗読!
ストーリーテラーとしての世界観が素晴らしく、ぐっと引きつけられました。

委員長と事務局長トークでは、情熱や想いの他、意外と(?)計算もしっかりしての映画製作計画だった事や、「映画人は夜が遅く、文芸人は朝が早い」なんて事実も確認できました。

市民キャストのトークでは前出の中村さんのほか、加瀬亮さんの奥様役の東野智美さん、その義理の父役の川守田康彦さん、そして我々もびっくりしたのですが、小林薫・南果歩夫妻の息子を演じた信山紘希さんがお母様と妹さんと札幌から駆けつけてくれたのです。

かなり興味深いエピソードも飛び出しました。

そう。
ここに今いる人たちだけの秘密っていう門外不出ネタがたっぷりだったのです。

ああ、しゃべりたい!


とりあえず、春になったら見たいものや買いたいものがたくさんありそう。
とても待ち遠しい事がたくさん生まれました。


そして。
人に恵まれて完成した映画だという事も、あらためて確信できました。


CIMG2004




















kaitanshi at 23:47│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL