更に文庫化される作品が決定!毎日映画コンクールの撮影賞と音楽賞をいただきました

2011年01月17日

文庫が7刷6万部となります!

連日の嬉しいニュースをお届けできるこの喜びといったら!!!

なんと、「海炭市叙景」の文庫が7刷を数えることとなりました。
トータル6万部です。

ぜひじっくりと読んでいただけたら幸いです。
例えば小説では、谷村美月さんが演じた妹の心の動きが詳細に描かれていますし。
小林薫さんが演じたプラネタリウムの男は、18編の物語の中でも白眉のドラマチックな展開が終盤に用意されております(映画ではその終盤を描いておりません)。


函館は本日、10日ぶりくらいにプラスの気温になりました。
たくさんの良い知らせが、更に暖かさを感じさせてくれています。


そして。
当ブログには「拍手コメント」の機能があります。
拍手をいただく際に、メッセージも送信できるのですが、こちらではお名前・アドレス等がわからずお返事できない場合も多々あります。

14日の朝に拍手をいただいた方へ。
ご要望の件、こちらも予定しておりました。
ただ、時期はまだ未定ですので、気長にお待ちいただけますでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

DSC_9261

 

 

 

 

 

 

 

 

 



kaitanshi at 22:12│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

更に文庫化される作品が決定!毎日映画コンクールの撮影賞と音楽賞をいただきました