2010年12月22日

市民が運営する映画賞をふたつ受賞しました


ふたつの大きな賞をいただきました。
しかもいただいた日付はどちらも、全国順次公開スタートとなった12/18より前なのです。


長野県松本市を本拠地とする松本CINEMAセレクトの、2010年松本CINEMAセレクト・アワード最優秀映画賞に「海炭市叙景」が選ばれたのです!
ありがとうございます!
これは「映画の未来」を期待させる映画人・作品に贈られる賞なのです。
「製作に関わった熊切和嘉監督始め、函館市民、スタッフ、キャストなどすべての方々」に対しての受賞との事。

当映画公式HPの「ニュース」をクリックし、12月17日までさかのぼっていただければ、受賞理由をご覧いただけます。
http://www.kaitanshi.com/index.php#news


そして松本CINEMAセレクトHPはこちら
http://www.cinema-select.com/

決定のニュースを知らせる公式ツイッターはこちら
http://twitter.com/cinema_select/status/16119763226857472

 

 

もうひとつ。

市民映画祭として長い歴史を持ち、多くの映画人に注目されている群馬県の「高崎映画祭」で、特別賞に選ばれました!
来年3/26~4/10に第25回(4半世紀!)として開催されます。

熊切和嘉監督、そしてキャスト、関係者一同に贈っていただきましたが、全国上映前に決定というのは極めて異例の事だそうです。
ここ10年間を見ても5回は「対象者なし」という状況・・・そんな中、全国上映を前にこの映画がいただける唯一の賞だったのかもしれませんね。
ありがとうございます!


高崎映画祭公式HP
http://www.wind.ne.jp/tff/

 

CIMG5885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



kaitanshi at 17:52│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL