路面電車がある町市民が運営する映画賞をふたつ受賞しました

2010年12月21日

海炭市チームがクリスマスファンタジーに登場!

まずは速報っ!

文庫「海炭市叙景」の6刷が決定しました。

これでトータル5万部となります!

すごいっ!

 

そして、いよいよクリスマス!

函館では、海の上にカナダからやってきた巨大ツリーが輝く「はこだてクリスマスファンタジー」が大詰めを迎えます。
毎日18:00に点灯式が行われますが、23日は海炭市民がステージに登場!なのです。

「ファンタスティックイブ」2010年12月23日(木・祝日)16:00~ 主催:函館黒船地域活性化協議会

2010はこだてクリスマスファンタジー イベント内容
http://www.hakodatexmas.com/html/event.html


司会は当実行委員会メンバーでもある一輝&コウタです。
そしてGeorge-KさんとPROZACCさんがステージを盛り上げます。
2人の出演は点灯式の直前、おそらく17:00くらいまでに会場に到着していれば間にあうかと思います。

George-Kさんは「ウォーターボーイズ」を皮切りに、数々の作品に俳優として出演、今回はミュージシャンとしてのステージです。
来月発売のニューアルバムの曲をたっぷりと聴かせてもらえるかも!
そしてPROZACCさん(映画クレジットは中野崎稔)は函館在住で、「海炭市叙景」ではGeorge-Kさん達の海炭どっく労働組合執行部に対して、激しく火花を散らす役どころ。
”昇進と引き換えに会社の回答を飲んだって噂を聞いたんだけどな”というセリフを印象的なハスキーボイスでぶつける、あの方です。


どうやら雨ではなく雪になりそうな気配。
ホワイトクリスマスとなるイヴイヴに、巨大ツリーの下で行われるイベントです。
函館近郊で会場に行けるという方は、入場無料ですのでぜひ足をお運びくださいませ。

海風はかなり冷たく感じると思います。
長丁場ですので、暖かい服装で、適度に暖を取りながらお楽しみ下さいませ。

DSC02377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



kaitanshi at 20:54│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

路面電車がある町市民が運営する映画賞をふたつ受賞しました