紙媒体でも紹介していただいてます札幌でのイベント第2弾は2週間後に

2010年10月21日

東京国際映画祭がいよいよ開幕

いよいよ23()から東京国際映画祭がスタートします!


プログラム・ディレクターの矢田部吉彦さんは、「海炭市叙景」をこう紹介していただきました。
http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=1523

そして。
初日のグリーンカーペットを、我らが熊切和嘉監督が歩きます!
なんと、正装です!

とはいえ普段どおりの、きっといつものあの笑顔でいてくれるのだろうな。

映画をこよなく愛した佐藤泰志は、その場にいたらどんな想いで見つめるのだろう。
文庫本がたくさんの方に読まれて、更に映画化された物語をたくさんの方が期待していて。

先日、再びお墓参りに行ってきました。
やはりたくさんの花々と共に、燃え残ったお線香。

30
本くらいが束になったタイプのもので、おそらく少しだけ燃えてすぐに雨か風で消えてしまったような。
まわりに巻かれている紙をはがして再び火をつけたら、あっという間に鮮やかに火がつきました。

2010
年の、佐藤泰志の存在そのもののような気もして。
何かを語りかけられているような気もして。

その煙が青空に舞い上がっていく様をしばらく見つめていました。

みんなの気持ちがひとつとなって、東京国際映画祭の初日を迎えます。


2010年10月21日更新用


























kaitanshi at 16:53│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

紙媒体でも紹介していただいてます札幌でのイベント第2弾は2週間後に