銀幕の世界積み重ねていく

2010年07月13日

折り紙で作る

映画「海炭市叙景」では、原作では炭鉱だった設定が造船所に変っています。

そこで働く男は、船が好きで好きで好きで。
仕事で船を作り、部屋にも船の写真が飾ってあります。

そして折り紙で船を作るシーンも。

それは、まだ小学生の頃にも折り紙で船を作って、海に浮かべて遊んでいるシーンもあるくらいです。

まっすぐな、純粋な愛なのです。

そんな彼の存在感は、物語のほかの登場人物の生活の中にも、さりげなく現れます。
ひょっとしたら、彼は海炭市の人たちを見つめ続けているのかも。

折り紙で作る。
実際に造船所で大きな船を作る。

彼の中では、どちらもとても魅力的な事で。
まさに「かけがえのない」事なのです。

自分にとって、そこまで想いを注ぎ込むことが出来ることは何だろうか。


DSC_0477

















kaitanshi at 21:53│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

銀幕の世界積み重ねていく