更に完成に近づける日曜日は函館「道南四季の杜公園」へ

2010年06月24日

ジム・オルークさんの音楽

映画「海炭市叙景」は2時間半ほどの作品となります。
ものすごくたくさんの方々にお力を貸していただき、エンドロールでのお名前のご紹介も、かなりの時間となりました。

そのエンドロールまでも、映画の余韻とともに最後まで見たいと思うのは、そこに流れるジム・オルークさんの音楽の魅力が大きく存在感を表していることにもよります。

ギターや鍵盤楽器、ビヴラフォンやチェロまで、すべてご自身で演奏されています。

繊細で。
地に足が着いていて。
それでいて物語の邪魔をせず寄り添うような音楽。

9月19日の京都でのイベント出演のチケットが、この土曜日に発売されます。
遠藤賢司、くるり、ベンチャーズなどなど、すごい事になりそうです。

京都音楽博覧会 公式HP

ご期待くださいませ。


DSC_0411


















kaitanshi at 21:46│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

更に完成に近づける日曜日は函館「道南四季の杜公園」へ