「消えもの」その2谷村美月さん、お誕生日おめでとうございます

2010年06月16日

イカつい美術スタッフ

昨日ご紹介した、3/15付の竹原ピストルさんブログで、イカつい美術スタッフと表記がありました。

いえいえ。
実は函館スタッフによる美術サポートは20代の女性が多く、加えて人手が必要なときに現役の大学生にお手伝いをお願いしたり、男の職場って感じではない瞬間が多々ありました。

例えば、年越しそばを仕込んでいるこの写真。
あら、男くさいですね。
最後にのせるかきあげは、まぎれもなく谷村美月さんの包丁で仕上げがされてましたが。
たまたま、ええ、たまたま男性陣だったのです。

右は美術の山本直輝さん。
プロフェッショナルな準備と作業で、時間も人員も足りなすぎる状況の中を、黙々と、そしてキッチリと仕事をする職人でした。
「ストイック」という言葉を聞くたび、山本さんの仕事ぶりを思い出します。

そして左は監督助手の伊藤学さん。
美術に限らず、現場の色々な作業をフォローしていただきました。
自主映画を作っていて、プロの現場でこんなに長期間を過ごすのは初めての事。
あきらかにフラフラな体調の中、日々の撮影にくらいつくように動いていて周りからの厳しい指示に全力で応えてらっしゃいました。

こういう方々がスタッフだったからこそ、みんなで助け合いながらクランクアップを迎えることができたのです。


20100304撮影17日目26


















kaitanshi at 22:39│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

「消えもの」その2谷村美月さん、お誕生日おめでとうございます