背中ばかりなのです熊切監督の新作が見たい

2010年06月12日

「海炭市叙景」の感想と、大森立嗣さんの新作

試写会の感想が続々と届いております。
まずはお二方をご紹介。

函館に来ていただき、講演会に出演していただいた岡崎武志さんのブログです。
「これは、ずしん、と来る傑作ですよ。」
「okatakeの日記 2010-6-12」

越川プロデューサーは
「この作品ほど、フィルムで撮影したことがよかった、と思える作品はないかもしれません。」
「スローラーナーblog 2010-6-11」


皆様にも年末には見ていただけるかと。
ぜひ、その日までじわりじわり期待しつつお待ちくださいませ。

それまでの間に様々な映画鑑賞はいかがでしょう。
6/12から公開となった作品のひとつに「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」があります。
監督は大森立嗣さん。
「裂けた爪」というエピソードで、加瀬亮さんの学生時代からの友人を演じていただきました。
北海道をめざして旅するケンタとジュンとカヨちゃんは、何を見てどう感じるのか。
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」公式HP

このブログで紹介する映画としては少ないパターンですが(?)、函館でも上映されます!
やった!

夏を待ちます。

2・26 撮影11日目5

















kaitanshi at 22:39│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

背中ばかりなのです熊切監督の新作が見たい