佐藤泰志ゆかりの場所にて竹原ピストル弾き語りライヴ

2010年03月13日

守るべきもの

映画「海炭市叙景」の登場人物たちは、守るべきものをしっかりと持っている者と、見失ってしまい呆然とする者と、様々な状況を歩き続けています。

守るべきものは、家族だったり、想い出だったり、誇りだったり。
自分自身よりも大切に思っているという場合すらあります。
その強い思いは、頑なに他者を拒んだり、いびつな形で他者を攻撃したり、逆に自己犠牲に向かったり。

強い思いが結果的に、幸せな未来を書き変えてしまうというのなら、その不器用さを愛さずにはいられません。

たとえ哀しい結末を迎えても、さらにその後にあたたかな陽射しがさしてくる。
そんな希望があるからこそ、人生は素晴らしいのだと思います。

彼らが歩く先にも、あたたかな陽射しがふりそそぎますように。


そうそう、撮影も終盤に入りました。
現在、夜の蝶たちが今か今かと出番を待つ日々です!



DSC_0297
























kaitanshi at 23:40│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

佐藤泰志ゆかりの場所にて竹原ピストル弾き語りライヴ