映像が語る今年もあと10日

2009年12月20日

東京でのイベント

東京の足立区立江北図書館では、新年早々に佐藤泰志をピックアップするイベントがスタートします。

1/5(火)から「特集『函館』」がはじまるのです!
函館出身の作家や、函館ロケで撮影された映画に関連する原作本など、30アイテム前後をワンコーナーにかためて大プッシュしていただくのです!!!
その中心が佐藤泰志なのです!!!!!

3月末までの間に、内容は入れ替えしつつ、佐藤泰志だけは期間中ずっと主役になります。
東京近郊の方、機会がありましたらぜひ足をお運びください。
場所はこちら。

江北図書館のアクセス

また、3/28(日)14:00~16:00に。
「朗読の集い」も予定されています。

「海炭市叙景」からのほか。
宇江佐真理&石川啄木の作品も選ばます。
函館特集となると、こんな面白い組み合わせもできちゃうのですね。

宇江佐真理さんは、函館に住んだまま時代小説を書き続けているお方。
江戸から発展した実際の東京にいては、あの描写の味は出ない!
僕もそう思います。

朗読会は無料ですが、座席には限りがありますのでお問い合わせください。

とってもフレンドリーな館長と、その愛に包まれたスタッフの方がお待ちしています!


R1025624







kaitanshi at 23:59│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

映像が語る今年もあと10日