質問にお答えします炊き出し

2009年11月16日

佐藤泰志が描いた世界

函館は、夏は涼しく、冬もそれほど雪が積もらない。
いわゆる「雪国」のイメージとは少しちがうのかも。

海も山もあり、旬のものが味わえる。
ファインダー越しに切り取りたい風景が四季様々。

「海炭市叙景」は、不況の風が吹き荒れるこの街を舞台に作り上げられています。
読みすすめていくと、住んでいなければ別な風景を思い描くかもしれない街が立体的に見えてきます。

これは函館近辺の人々にとっては特権だ!

それを映画としてお見せできれば、小説の創造性とはまったく違った世界の見方でストーリーを体感していただける!
我々にとって、この作品が特別な存在感を持っている意味を、共感していただけるのかも!

次の秋に、その想いを日本中で共感していただきたく、明日も走り回ります!


16739ab4.jpg







at 21:53│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

質問にお答えします炊き出し