エキストラとしての心得質問にお答えします

2009年11月14日

函館ロケで選ばれる風景

古いものと、新しいもの。
日本古来のものと、外国のもの。
海と山。
教会と寺院。
森にさす木漏れ日と、海に沈む夕陽。

函館は様々な想いをのせる舞台として求められ、撮影やスケッチをする方によく遭遇します。
映画ロケで使われる風景としては、夜景やエキゾチックな街並みも多いのですが、道路の真ん中を走る路面電車が選ばれる事が多い気がしています。

「星に願いを。」や「オー・ド・ヴィ」では、神秘的な力を持って登場します。
ウルトラQの最終回「開けてくれ」に通じる不思議な魅力が電車にはあるのかも。

「海炭市叙景」では、産業道路と同じく街並を描写する手段として電車の路線がピックアップされています。
これを映画で見られたら、ワクワクするだろうな。
走っている風景ではなく、電車の車窓から街を眺める目線。

楽しみにしております。



af633136.jpg









at 22:31│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

エキストラとしての心得質問にお答えします