ハードボイルドオマージュ

2009年10月13日

巴座の思い出2

函館で思い出の映画館といえば・・・年代によって違うでしょう。
僕の想い出で言えば巴座、映劇、東映、有楽座、スカラ座あたりでしょうか。
巴座は映画をおしえてくれた場所。
映劇も同じく・・・そしてこの場所は今はどちらも駐車場になっています。
東映もあとかたもなく。
スカラ座は東宝(3スクリーン)になり、今は建て替えられてホテルになりました。

有楽座だけは今もそのまま。
バリケードに守られて、そのたたずまいだけは昔の姿のままです。

映画の記憶は、座席の硬さだったり、そのあとの友達とのバス停での会話だったり。
フタバヤのソフトクリームの味とともに記憶に残っているのです。
まるきん焼そばが健在なのは、嬉しい限り。

いろんな人と一緒の空間で「前の人が背が高くて見えずらいな」「すごく大笑いするお客さんだな」「貸切に近くてのびのびだー」なんて暗闇で感じる思いを含めての、映画を見るというイベントでした。

大きいスクリーンというだけでなく、様々な人がその時間をめざして集まってきて映画を見る・・・という空間で「海炭市叙景」を見たいのです。
たんなる一市民として。


e3c84b45.jpg









at 21:05│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

ハードボイルドオマージュ