なんもなんもストーブをつけた

2009年10月09日

なまりを考える

引き続き方言のお話し。

函館を離れて東京で暮らしていたことがあります。
会話をしていると、周りの人が一斉にこっちを向く瞬間があるのです。
「あ、今なまったんだな」と思うのだけれど、どの部分がなまっていたのやら。
関西弁や沖縄とは違い、田舎者風なイメージがありますね。
「んだ」
「だべや」
「したはんで」
まあ「したはんで」は函館でもほとんど聞きませんが。

「・・・っしょ」
「がっつり」
あたりは最近おしゃれ(?)に使われつつありそうな気配です。
まあ、「あわやホームラン」みたいな本来の意味ではないまま一般化されそうな気配もありますが。

「海炭市叙景」の脚本でも、はこだて弁がたくさん出てきます。
あまり読み込むとそれに慣れてしまいそうなので、ニュアンスが気になるセリフは今のうちにチェックですね。

ちなみに「はこだて」は、「はごだで」と発音いたします。


0e6f30e0.jpg








at 22:02│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

なんもなんもストーブをつけた