2009年09月24日

監督と脚本家がそろって来函中

昨夜からの雨もなんのその。
お昼前から函館は青空が広がりました。
そしてやってきたのは映画「海炭市叙景」の監督・熊切和嘉さんと、脚本家・宇治田隆史さんです!

2人で最新作「ノン子36歳(家事手伝い)」までたーっくさんの作品をタッグを組んで作り上げてきました。
宇治田さんは脚本のほか、監督としても映画を作っております。

明日は僕の車で函館のあちこちを見て回る予定。
これは車内がプチ映画祭状態ではないですか!
おおっ!
なにか夜中にひとり興奮して、修学旅行の前日みたいになっております。

映画にさらに生命を吹き込むべく、函館滞在をサポートしていきます!


とある日の東京は新宿での打ち合わせにて。
左が熊切監督、右が宇治田さんです。
826adca1.jpg







at 22:38│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL