秋が来て冬に雪国でのスポーツ

2009年09月20日

「フリージア」

ここ最近。
函館のビデオ屋さんチェックをしております。
熊切監督作品を探す旅です!

最新作「ノン子36歳(家事手伝い)」が話題となっておりますが、その前の2007年公開「フリージア」に出会う確率が最も高いようです。

近未来が舞台。
遺族の訴えに答える「敵討ち法」が認められ、法を執行する者と犯罪を犯して敵討ちを受ける対象者。
護衛が認められているため、激しい戦いが繰り広げられます。
原作とは設定を大きく変えての熊切ワールドにぐいぐい引き込まれっぱなし。

やるせない気持ちになりながらも、明日への希望を描き出す手腕と、宇治田さんの脚本の静と動のテンポ感がたまりません。

荒廃を感じさせる街の色。
海炭市はどんな色に映し出されるのか、期待してしまいます。


a8d15dbf.jpg








at 21:53│TrackBack(0)mixiチェック

トラックバックURL

秋が来て冬に雪国でのスポーツ