2009年09月01日

突き動かされて生まれた言葉

「海炭市叙景」パネル展では、佐藤泰志の若かりし頃の文章も読むことができます。
本日、地元函館のケーブルテレビに取材していただきました。
高校生の時に書いた、ベトナム戦争に突き動かされた文章をじっと見入っていたのが印象的でした。
同世代の周りの仲間たちとは、あきらかに違う視点と感性から書かれた言葉が綴られております。

夢を語って、嘲笑されたりした経験はありませんか?
早熟で珠玉の才能・佐藤泰志の立ち位置は、それが故の孤独だったのかも。

時間をかけて読めば読むほど、彼の言葉が身体の深い底のほうで響いてくる感覚に気づかされました。


847515b2.jpg







at 22:44│TrackBack(0)mixiチェック イベント | 佐藤泰志

トラックバックURL