2009年08月25日

世代の違い

小さな子供と接しているとき、自分が子供の頃に接した大人はいわゆる"大人"の振る舞いだったと気付きます。。
今の自分は子供に近い目線で接しているような気がします。

どちらの方が良い・・・という話ではなく。

上の世代は「早く大人になりたい」度が僕らより強かったのか。
そうならざるをえない社会環境だったのか。

自分と近い世代は「子供のまま大人になった」気分が大きいような気も。
責任を取りたがらないのは、まさしくそういう事かと。

佐藤泰志は「青春小説」の作家と、よく聞きます。
確かに代表作と言われるものの多くは、若者が主人公である事が多いかも。
しかし「海炭市叙景」は、青春の後でなかなかうまくいかない人生を送っている年齢の登場人物が多いのです。

どんな想いを重ねて書いたのだろう。
齢相応というだけでは、すべての理由になっていない感じがしております。


あの少年は、格好良く海に飛び込むことができただろうか。


e4179acb.jpg









at 21:49│TrackBack(0)mixiチェック 佐藤泰志 | 想い

トラックバックURL