夏の終わり1+1を3とか5に

2009年08月23日

夏の終わりは来週に

湯の川の花火大会は、本日も強風と高波となり来週土曜日に延期となりました。
今夜はこのあと少しだけ雨になって、涼しくなるのでしょうか。

"夏は冬に憧れて、冬は夏に帰りたい"
とは言え、もうちょっとだけ夏です。

"時がとまればいい"と思ったり。
"海沿いのカーブを曲がれば夏が終わる"と気がついたり。
色々な季節の変わり目への想いはあるもの。

小説「海炭市叙景」のラストを飾る一編「しずかな若者」の主人公は、来年の夏はここにいないと知りながら、今だけのそこでの夏をしずかに味わっています。
失ったものが何であるのか、ぼんやりと考えながら。

あの想いは、佐藤泰志本人の想いだったのだろうか。



606c5060.jpg








at 21:03│TrackBack(0)mixiチェック 函館 | 小説「海炭市叙景」

トラックバックURL

夏の終わり1+1を3とか5に