2020年10月14日

佐藤泰志さん原作「草の響き」を映画化します!

2010年に「海炭市叙景」を撮影し、その冬に公開。

そこから。
「そこのみにて光輝く」
「オーバー・フェンス」
「きみの鳥はうたえる」
に続き、5作目となる映画作品を作ります。

2010年に"映画作品を作ろう"と集まった時は、一生に一度の体験と思っていました。

完成した時は、まさに"燃えつきた"と言っていい完走感と、充実感と、そして"受け入れてもらえるだろうか"という不安感がごちゃ混ぜになっていました。
まさか10年後に5作目を作る事になろうとは。

これはひとえに、これまでの作品を見ていただき、愛していただき、復刊された小説群を読んで支持していただいた皆様と、声なき声で応援いただいた(勝手に、ものすごく、感じております)皆様のお力のおかげです。
この場を借りて、再びお礼申し上げます。
 
 
 
少しの使命感も抱えながら、コロナ禍の函館に明るい未来の可能性を作りたいと思いながら、映画を愛する方の声に支えられながら。
新しい映画作品を作る決心をいたしました。
 
 
作品原作は佐藤泰志さんの「草の響き」。
文庫「きみの鳥はうたえる」所収、60ページくらいですので、未読の方はぜひ(映画を見たあとに読みたいという方は、その展開でぜひ)。
映画は芯の部分は変えずとも、けっこう映画ならではの変更やふくらみになりそうです。
 
ただいま絶賛準備中。
11月に函館で撮影し、来年(2021年)の秋の公開を予定しております。
 
 
 
監督は斎藤久志さん。
1985年PFFで入選。その後長谷川和彦監督に師事し、97年『フレンチドレッシング』でデビュー。2013年『なにもこわいことはない』を第26回東京国際映画祭[日本映画スプラッシュ部]に出品。
最新監督作は荒井晴彦企画『空の瞳とカタツムリ』(2019年)。
斎藤久志監督画像
「 現在手に入れられる佐藤泰志作品を全て読んで、まだ肌寒かった6月の終わり函館に行った。短い滞在期間だったが、ちょっとだけ町が見え、人が見えて来た。そして佐藤泰志が生きていた時代と今という時代の差、「時間」が見えて来た。
 佐藤泰志の小説『草の響き』は、主人公が走る話だ。だから僕らは函館の町を走る。そこから何が見えて来るのだろうか。
 さて、これから僕は古くからの仲間と新しい仲間を連れて再び函館の地に立つ。
佐藤さん、あなたに逢う為に。」
 
 
斎藤監督、ぜひこれからの撮影の日々、よろしくお願いいたします。
 
 
そして、函館市民映画館シネマアイリス代表の菅原和博のコメントも。
 
「 未曾有のコロナ禍が日々の暮らしを暗転させた。こんな時代に映画を作ることの意味を考えていた。いくら考えても答えは出ない。大人しく家に引きこもり続けるべきなのだろうか…。
 そんな中、多くの人たちが映画館を支援してくださった。映画を見に来てくれた。大きな勇気をもらった。映画を必要としている人たちがいる。佐藤泰志の文学を大切に思っている人たちがいる。
 私も「草の響き」の主人公のように走り出そうと思う。」

 
 
みなさま、お力をお借りしたいことも多々あるかと思います。
撮影準備、撮影、完成しての上映まで見守りいただけましたら嬉しいです。
 
なにとぞ、何卒よろしくお願いいたします。





kaitanshi at 01:47|Permalinkmixiチェック

2019年11月26日

「きみの鳥」が海の向こうに飛び続けております!

記事を更新できておらず、久々の投稿ですみません…。
 
映画「きみの鳥はうたえる」は全国公開され、数々の嬉しい賞賛を頂き、鳥は海を超えて海外の映画祭などの会場へも羽ばたいております。
 
シネマアイリスでお客様とお話しをしていても。
この1ヶ月以内で、たとえば
 
「仙台からこの映画を作った映画館を見たくて来ました。他に3作品も作っていたとは驚きです」
「映画祭で感激して、ぜひ日本に旅行する機会を作りたいと思ってやっと実現した(英語でしたが、たぶんこういう内容…でした)」
「いつも見ている函館の街の景色が、こんなに美しかったと気づかされました」
 
などなどなどなど、本当に様々な感激コメントをいただき続けております。
ありがとうございます!
 
 
 
そして!
 
ポーランドで13回目の開催となるアジア映画祭five flavours asian filmfestivalで特別賞(special mention)を受賞いたしました。
https://www.piecsmakow.pl/aktualnosc.do?lang=en&id=418

ありがとうございます!
 
HPを見ると、トップにはグランプリ作品と、「きみの鳥はうたえる」がドーンと紹介されております。
実質的な、準グランプリ?!
ありがとうございます!
 
 
 
そしてそして!
本日(11/26)からフランスでも上映!!!
 
フランスで開催される第14KINOTAYO現代日本映画祭のコンペティション部門にも当作が選出されました!
https://kinotayo.fr/jp/programmation/2019
 
このあと
11/26() [パリ日本文化会館]
12/5() [パリ日本文化会館]
12/8()[ル・クラブ・ドゥ・レトワール(パリ)]
で上映されます。
 
12/8は当作プロデューサーであり函館市民映画館シネマアイリス代表の菅原和博が舞台挨拶で登壇いたします。

 
 
 

また、第9回北京国際映画祭(20194)への出品させていただいた他、
韓国・台湾での劇場公開も決定!

韓国は来年3月、台湾は4月の上映になります。

 
 
 
日本以外の場所で見ていただく日が来た事に感激しつつ、
更にどんどん広がっている事にびっくりしつつ感謝しつつ、
世界中の方に、この作品が語りかける何かが届きますように。


IMG_5208




kaitanshi at 08:01|Permalinkmixiチェック

2018年05月14日

映画「きみの鳥はうたえる」は8/25函館、9/1全国公開!

お待たせしました!

佐藤泰志原作=函館市民発信映画第4弾「きみの鳥はうたえる」は、9/1の全国上映スタートに決定しました。
函館の皆様には、シネマアイリスで一週間早い8/25からご覧いただきますよ!

あと3ヶ月と少し、楽しみにお待ちくださいませ!


公式HPや
http://kiminotori.com/

公式Twitterや
https://twitter.com/kiminotori

公式Facebookや
https://www.facebook.com/kiminotori/

公式インスタグラムや
https://www.instagram.com/kiminotori0901/

色んな形でこれから発信してまいります。


公開日まで、ぜひ楽しみにお待ちくださいませ!


01.kiminotori



kaitanshi at 23:55|Permalinkmixiチェック

2018年03月19日

「きみの鳥はうたえる」チラシが出来ました!

 
 
 
ものすごく、ものすごくインターバルを置きながらのブログ更新…すみません。
そして、なかなか更新されないこのブログに、アクセスいただいている方が毎日いらっしゃる事も承知しております。

ありがとうございます!
そしてなかなか更新できず申し訳ありません。
 
佐藤泰志さんの小説の映画化4作目となる「きみの鳥はうたえる」は、この秋の公開に向けて精力的に動いております。
その日に向けての動きとなるひとつ。第一弾のチラシが完成しました!
 
函館市民映画館シネマアイリスのほか、主演の柄本佑さん最新作「素敵なダイナマイトスキャンダル」の上映館でも手に入れられるかも!!!
ぜひぜひ、お手に取っていただきたい!
 
「海炭市叙景」
「そこのみにて光輝く」
「オーバー・フェンス」

そして
「きみの鳥はうたえる」
 
小説とはまた違う手触りとは思います。
ぜひ。原作小説の心を尊重しつつ現代に置き換えた物語を、ぜひぜひぜひご覧いただきたい。
この秋の上映まで、楽しみにお待ちいただければ幸いです。
低予算映画の泣き所ではありますが、あなたが生活する場所の近くにある映画館で上映できるよう、これから更にがんばります。
 
見ていただいた感想を聞かせてもらえる日を楽しみに、動いております。
このブログも、もう少し短いインターバルで更新できるよう動きます。
 
ぜひ、映画「きみの鳥はうたえる」にご注目くださいませ。
 
 
 
20180317



kaitanshi at 23:37|Permalinkmixiチェック

2017年05月07日

三宅唱監督にトークショーをしていただく映画祭!

 
 
映画「きみの鳥はうたえる」は6月に撮影予定。
予定と言ってますが、あと3週間と少しで6月ですって!
 
なので、ほぼ皆無といっていいくらいお伝えしていませんが、かなりの猛スピードで函館でも東京でも準備が進められております。
 
そして、出演者がまったく発表されていないにも関わらず、すでに製作資金への募金を多数お声掛けいただいております。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございます。
募金は、まだまだ募集中ですので、大勢の少しづつの力で作り上げる映画に、ご賛同いただければ幸いです。
 
そしてそして!
 
クランクイン前夜祭として。
三宅監督に来ていただいての、3作品上映&トークショーのイベントを函館で開催しちゃいます!
 
 
 

 
三宅唱ff表
 
 
 


 スケジュールはこちら。

三宅唱ff裏



告知が直前ですみません…。
5/20(土)~21(日)の2日間で、三宅唱監督作品のうち3作品を上映いたします!
 
「やくたたず」は、2010年の作品で、監督だけでなく脚本・撮影・編集を務めた北海道ロケ作品。
「Playback」は、その"やくたたず"を見て衝撃を受けた村上淳さんがラブコールして共作が実現した、驚異の一作!
そして「THE COCKPIT」は、現在活動中の音楽家が曲を作る過程を三宅監督の目線で追った"ものづくり"の現場を伝えるドキュメンタリーです。
 
 
 
 
 
「Playback~三宅唱監督映画祭」
Playback > Sho Miyake Film Festival

 
 
 
5/20(土)
 
「やくたたず」
https://youtu.be/cXpQlaAGjGQ
5/20(土)
18:30
上映後19:50からトークショー
出演:三宅唱監督
 
 
「THE COCKPIT~ザ・コックピット」
https://youtu.be/ay_TOGkR9UM
5/20(土)
20:30
上映後21:35からトークショー
出演:三宅唱監督、松井宏プロデューサー
 
 
 
 
5/21(日)
 
「Playback」
https://youtu.be/7p1DJalIAbs
5/21(日)
18:30
上映後20:30からトークショー
出演:三宅唱監督、松井宏プロデューサー、四宮秀俊撮影監督
 
 
 
 
 
会場:函館市民映画館シネマアイリス(函館市本町22-11)
料金(一作品ごと):一般1300円、シニア(60歳以上)1100円、大学~専門学校1000円、高校生以下800円
※全作品入れ替え制
 
 
 
「Playback」主演の村上淳さんは、「海炭市叙景」で裸の男と対峙するスナックの用心棒役で出演いただきました。
 
同じく三浦誠己さんも「海炭市叙景」で、加瀬亮さんのガス店に浄水器ビジネスを売り込む役(実はその後で別な人物像も明らかに)で出演いただきました。
 
同じく「Playback」渡辺真起子さんは、「海炭市叙景」で出演(声だけでした。わかりましたでしょうか?)いただきました。
 
そして「やくたたず」「Playback」に出演している柴田貴哉さんは、実は「海炭市叙景」で照明スタッフとして参加いただきました。
当時は俳優志望で、映画製作の現場をどんな仕事でもいいから経験したい…との想いで来ていただきました。素晴らしい再会!
 
この嬉しいご縁とともに、映画祭を開催いたします!
各作品の予告編をご覧いただければわかると思いますが(こちらの勝手な思い込みですよ)、最初の20秒くらいで明らかなセンスが伝わると思っております。
 
来秋の公開を予定している、この6月から撮影が始まる「きみの鳥はうたえる」に、ぜひご期待くださいませ!
 
 





kaitanshi at 16:41|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 他の作品 

2017年04月21日

「きみの鳥はうたえる」を映画化します!

またしても更新が久々…しかし、見に来ていただいている方がいる事は承知しております。
更新されなくてもご覧いただいている事にただただ感謝です。

映画「オーバー・フェンス」はDVDとブルーレイも発売され(BOXセットも!)、より多くの方に届いていると実感しております。
未見の方は、どこかで出会っていただけますように。

そして!
4作目となる映画製作の準備を進めております。
佐藤泰志さんの作品の中でも映画化の声を多数耳にしていた「きみの鳥はうたえる」を、函館ロケで映画化いたします!!!

監督は、札幌出身の三宅唱さん。
すでに何度か函館に来ていただいていますが、とーっても気さくで素敵な方なのです!
撮影の日々が、ものすごく待ち遠しい!!!
6月の撮影を予定していますが、もう間もなくです。準備作業がどんどんスピードアップしてきました。
三宅監督の作品の事なども、これから色々とお伝えしたいと思っております。

そして、まずは。
映画製作の製作費の募金をお願いしております。
お力を貸していただいた方には、ささやかながら特典もご用意させていただきます。

詳細はこちらのHPをご覧くださいませ。
http://www.cinemairis.com/kiminotori/


映画「きみの鳥はうたえる」に、ぜひご期待ください。



kaitanshi at 22:43|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 他の作品 

2016年09月22日

映画「オーバー・フェンス」上映スタートしました!

長期間ブログ記事を更新せずすみません・・・。
そうこうしてる間に、ついに映画「オーバー・フェンス」が公開となりました!!!

2010年「海炭市叙景」
2014年「そこのみにて光輝く」

そして
2016年「オーバー・フェンス」

函館が生んだ作家・佐藤泰志さんの小説を、函館で撮影して映画作品にする。
その想いで2009年に「海炭市叙景」映画化プロジェクトが動き出しました。
あの時は、2作目3作目という展開になるとは微塵も思っておらず、"ほんとに映画が完成して上映できるの?"というギリギリな状況でした。
製作費を集めるためやれる事は全部やって、なんとか実現させたい。という想いだったのです。
このブログも、そのうちのひとつ。
実はいまだに閲覧いただいている方が日々ゼロにならない、とてもありがたい状況です(なのに更新がロングスパンで申し訳ありません…)。



我々の感覚では、上映ではなく撮影時期が体に染みついています。
なので。
2010年「海炭市叙景」
2013年「そこのみにて光輝く」
2015年「オーバー・フェンス」
という感じ。

いずれにせよ。
函館発信の映画として3作目を完成させ皆様に見ていただけるのは、とてもとても嬉しく、ものすごく大勢の方に感謝している状態です。

これをきっかけに佐藤泰志さんの作品に興味を持っていただいたり、その舞台となった函館に興味を持っていただいたり、映画や文学に更なる興味を持っていただけたら。
我々にとってはただただ至福の、予期せぬプレゼントのような喜びです。



ぜひ、映画「オーバー・フェンス」で何かを感じていただけますように。

映画「オーバー・フェンス」の公式HPは、上映劇場を始め様々な情報をお伝えしております。
http://overfence-movie.jp/



函館市内でも、様々な関連イベントを開催&準備中!

・函館市民映画館シネマアイリス
作品上映中
ロビーにて蒼井優さんと松田翔太さんの衣裳を展示中

・函館蔦谷書店
9/25(日)菅原和博(シネマアイリス支配人・映画「オーバー・フェンス」企画者)トークショー
http://www.hakodate-t.com/event/12465/
パネル展(~10/9)

・函館市役所1階ホール
パネル展(~9/30)

・函館中央図書館
パネル展(~9/26)

・函館市地域交流まちづくりセンター
パネル展(9/26~10/2)

・函館市文学館
10/4(火)菅原和博(シネマアイリス支配人・映画「オーバー・フェンス」企画者)トークショー
http://www.zaidan-hakodate.com/bungakukan/download/yube28-5.pdf


機会がありましたら、ぜひ映画「オーバー・フェンス」の世界に触れていただけますように!


of-ver3





kaitanshi at 14:37|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック

2016年04月22日

札幌で佐藤泰志展スタート!

2010年に「海炭市叙景」。
2014年に「そこのみにて光輝く」。
そして今年2016年に、「オーバー・フェンス」が映画作品として上映されます。
キャストも続々発表となっていますので、またあらためてご紹介しますね。
 
今年また作家・佐藤泰志にスポットライトが当たる!
これを機に知っていただく方も多いかと。
北海道の札幌市に行けるという方に、ぜひ足を運んでいただきたい展示会があります。
 
明日(4/23土曜)から約2ヶ月間、北海道立文学館(札幌市)で開催される「<青春の記憶 夢見る力>佐藤泰志の場所(トポス)」です!
 
函館市文学館と、道立文学館にある秘蔵資料がズラリ!です。
また、函館市民映画館シネマアイリスなどからも、映画撮影に使用した品々などの資料を提供しておりますっ!
期間中は佐藤泰志と親交が深かった福間健二さんの講演会(5/15日曜)など、様々な催しも予定されています。
 
会場に行ける、という方はぜひぜひご覧くださいませ。
 
 
 
北海道立文学館 特別展「<青春の記憶 夢見る力>佐藤泰志の場所(トポス)」
期間 : 2016.4.23(土)~6.19(日)
時間 : 9:30~17:00(入場は16:30までに) ※月曜休館
観覧料 : 一般500円、高校~大学250円、中学以下・65歳以上は無料
 
北海道立文学館 特別展HP
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html
 
道立文学館201604to06「佐藤泰志展」チラシ表
道立文学館201604to06「佐藤泰志展」チラシ裏





kaitanshi at 22:18|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 佐藤泰志 | イベント

2015年09月12日

映画「オーバー・フェンス」主要3キャスト発表!


 
お待たせしました!
ついに、映画「オーバー・フェンス」のキャスト御三方が発表されました!
ちょうど2ヶ月くらい前に、グラウンドでのソフトボールのシーンを撮影した時に3人とも同じ場所にいて、それぞれの役を体現していただきました。早く完成作品をお見せしたい!(そして自分も見たい!!!)

マスコミの皆様へは、こういう内容で情報発信させていただきました。
来年の今頃、劇場で皆様に「オーバー・フェンス」を見ていただくため、この後の作業もガッチリがんばります!
ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。
 
 
 
第23回東京国際映画祭コンペティション部門に選出され、フィリピンで行われた第12回シネマニラ国際映画祭コンペティション部門でグランプリと最優秀俳優賞の2冠に輝いた『海炭市叙景』(2010年公開、熊切和嘉監督)、第38回モントリオール世界映画祭の最優秀監督賞を受賞し、国内外問わず数々の映画賞を受賞した『そこのみにて光輝く』(2014年公開、呉美保監督)、そして2016年、佐藤泰志文学映画化の函館三部作最終章として、佐藤自身が小説を諦めかけ、函館の職業訓練校にて送った日々の経験を基に執筆し、最後の芥川賞候補作品となった「オーバー・フェンス」(「黄金の服」所収 小学館)の主要キャストが発表となりました。
 
主演には、国際舞台の第一線で活躍する唯一無二の俳優 オダギリ ジョー(39)が元サラリーマンの職業訓練校生・白岩義男を演じる。
ヒロイン・田村聡(さとし)には、抜群の演技力と存在感を放ち続ける蒼井優(29)が風変わりなホステス、“鳥になりたいと願う女”を体当たりで演じきる。
また白岩に興味をもつ職業訓練校生の代島和久を、その独特の空気感で人気を集める松田翔太(29)が扮する。
メガホンをとるのは、邦画界で最も新作を熱望され、最新作『味園ユニバース』(15年)のスマッシュヒットが記憶に新しい山下敦弘監督(38)。

本作は、「その瞬間を生きている人間たちの映画にしたい」という山下監督のテーマのもと、“愛を失くした男” 白岩と“愛を求め続ける女”聡が出逢った時、人が人を愛すること、そして共に生きていきたいと願うこと、『オーバー・フェンス』というタイトルが示す通り、二人はそこにある何かを越えていく―――。
本作は山下監督の新境地でもある、函館の短い新緑の季節を舞台に人々が愛を探し求め、その瞬間を切り取った大人のラブストーリーであり、家族とは、夫婦とは、共に生きるとは、人間の普遍的なテーマに向き合う物語となっている。

撮影は北海道 函館を中心に行われ2015年7月17日に無事クランクアップ。現在、編集作業に入っており完成は2015年冬予定。



『オーバー・フェンス』あらすじ

妻子のためという名目で家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの行き来、そして2本の缶ビールとコンビニ弁当の日々だ。訓練校の実習と学科対抗ソフトボール大会の練習を惰性で繰り返す白岩は、仲間の代島に連れられ入ったキャバクラで、鳥の動きを真似る風変りな若いホステス・聡(さとし)と出会うのだが・・・


====================================


山下監督をはじめ、比較的に同年代のスタッフ。蒼井さんや松田さんをはじめ、個性が光るキャスト。撮影前からすごく楽しみにしていました。
函館での1ヶ月は合宿のような状況だったので、この作品の事だけに集中できたし、みんなで過ごす時間は劇中の関係性を見事に反映したり、より深めたり、貴重な時間でした。
信頼できるスタッフとキャストと、共にこの作品に関われて幸せでした。
愚作になるはずがないと確信しています。

オダギリ ジョー

====================================


長い間、この作品に出会うことを待ち続けていたような気が今しています。
それくらい、この現場の過酷さも喜びも想像を絶するものでした。
大切な仲間に出逢えたことに
心の底の底から感謝します。

蒼井優

====================================



『オーバー・フェンス』には、吸い込まれるように呼ばれた気がしました。とても自然に集まったチームでした。
振り返ると、やはりこれは山下さんの作品なんです。
こんな形もあるんだなあと、驚きましたし新鮮で真剣な山下組と共に函館で過ごした時間が、
すでにかけがえのない時間となり、撮影を思い返すたび、幸せになります。
このキャストとスタッフで撮影した本作品を、僕も一緒に期待して待ちたいと思います。


松田翔太

====================================



映画『オーバー・フェンス』
監督:山下敦弘
オダギリ ジョー 蒼井優 松田翔太
配給:東京テアトル+函館シネマアイリス(北海道地区)
©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

2016年晩夏、テアトル新宿ほか全国ロードショー






新たな情報が解禁になりましたら、またお伝えしますね。
気長に、ゆっくりとお待ちくださいませ。


IMG_8688






kaitanshi at 19:36|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 他の作品 | メディア

2015年08月17日

海炭市で9月にふたつのイベント開催!


来月、海炭市に2人の海炭市民がやって来ます!

9/6(日)には「海炭市叙景」の音楽を作っていただいたジム・オルークさんが!
9/12(土)には佐藤泰志さんと深い深い親交があった事で知られる詩人・福間健二さんが!

その日その時間に海炭市(函館市)にいられるという方は、ぜひぜひ足をお運びくださいませ!



「坂田明 北海道Tour2015 番外編」
出演 : 坂田明、ジム・オルーク、山本達久

2015年9月6日(日) 開場19:00、開演19:30
チケット(1ドリンク付) 前売4,500円、当日5,000円
会場 : パブ・ザ・ビーツ[JR五稜郭駅前、コジマ×ビックカメラ函館店裏] 函館市亀田本町54-9
お問い合わせ : PLUS1 A.D. 電話0138-86-7014(10~19時、水曜定休)

サックスの坂田明さん、ドラムの山本達久さんとのライヴ!
ジム・オルークさんはギターかな、いやそれだけじゃない予感も。
お楽しみくださいませっ!

2-20150906JOatPTB




「平成27年度 函館市文学館講演会『佐藤泰志の文学』」
講師 : 詩人・映画監督 福間健二

2015年9月12日(土) 14:00
参加料 300円
会場 : 函館市芸術ホール・ギャラリー[五稜郭タワー向い、北海道立函館美術館となり] 函館市五稜郭町37-8
お問い合わせ : 函館市文学館 電話0138-22-9014(9~19時、9/7~8はお休み)

福間さんしか知らない佐藤泰志さんの話しも聞けるかも!
また、文学館では9/9(水)~11/15(日)のあいだ、企画コーナー「佐藤泰志没後25年に寄せて『佐藤泰志展』」も開催!ぜひぜひご覧ください!
※10/8(木)~10(土)は管内整理日のため休館です

2-20150912bungakukan




「オーバー・フェンス」の撮影が終了して早や1ヶ月ほど。
来年(2016年)秋に公開できるよう、鋭意編集作業が行われております。
こちらも、ぜひ、お楽しみに!






kaitanshi at 17:12|PermalinkTrackBack(0)mixiチェック 佐藤泰志 | ひと